漁師民宿 松竹館

民宿 松竹館は、国立公園 淡路島 鳴門海峡を目の前に漁村を見下ろす高台の漁師民宿です。

鳴門海峡で40年以上底曳き網漁をして今では淡路島一の鯛捕り漁師と言われるように なりました。

 

とにかく獲れたてピチピチの魚介類をおなかいっぱい味わっていただきたいその思いで毎日漁に向かっています。

鳴門海峡の強烈な潮流にもまれて育った日本一美味しい季節の魚介類(鱧や鯛、タコ、天然とらふぐ等)を 是非一度ご賞味下さい。

当館は、玄関前に大きな水槽を設置しているので、お子様にもその魚の様子を見ていただけます。

 

おすすめ料理:年間を通じて鯛、タコ、車エビ、イカ、アワビは美味しいです。夏~10月ごろまでは、あぶらがのった黄金の鱧(ハモ)がおすすめです。11月には、渡り蟹がおすすめです。また、冬はコラーゲンたっぷりのふぐがおすすめです。

 

民宿 松竹館

兵庫県南あわじ市阿那賀1392-1
TEL 0799-39-1118